風俗

職場に辞めてくれと言われ風俗に転職、お客の本番要求に辟易

転職活動し、無事に転職したのですが、その職場が合わなかったこととその会社の上司(面接担当とは別の方)から、「お店(シルバアクセサリーのお店)の雰囲気に合わないから次の仕事が決まったら、辞めてくれ」と言われて退職。

転職活動しながら、生活費のために夜の仕事を始めたのがきっかけでした。

コンビニなどのアルバイトも考えましたが、次の仕事が決まったらそのシフトが終わるまで仕事を変われないというところでやむ無くというところでした。

風俗の求人はお店のホームぺージをチェックして決めた

私の仕事の探し方は基本は夜のお店が載っているサイトを見てから応募する形でした。お客様が見るサイトですね。

そちらに求人のページがあるのでそちらからアクセスして店に問い合わせる形でした。選ぶ際に重要視していたところはそのサイトの更新状況や求人ページの力の入れ具合(給料やこの細かに書かれているかなど)をよく見ていました。

ただ、一言「お問い合わせください。」としか書かれてないお店はあえて選びませんでした。

風俗に勤めた中できつかったのは依怙贔屓するお店

最悪だったお店はスタッフでいえば、依怙贔屓をするお店ですね。フリーも全て私にまわして欲しいという女の子がいたので店長も全て言いなりになっていた感じです。

あとは女の子の話を聞かず、お客さんからの話を全て鵜呑みにするお店ですね。

どうしてもトラブルなのなりやすい仕事柄なのですが、お客さんからの話しか聞かず、女の子を一方的に悪いと決めつけるお店。

よかったお店では、ほぼ真逆でよく女の子の話を聞いてくれるお店ですね。

相談もよくのってくれましたし、何より長く働ける仕事ではないので早く目標を達成し卒業していくことをスタッフが考えていたところもあり、仕事もしやすかったです。

私は今は夜の仕事は卒業してますが、いまだに連絡は取り合って仲良くしてます

風俗に勤めていて最悪なのは本番要求

風俗だったのでよく本番は言われますね。トラブルになりかけそうになることも多いので大事になりそうな時は店長に電話してましたね。きちんとしたお店なら、スタッフがきちんと対応してくれます。

失敗してしまったとまではないですが、お客さんに本番をせがませて断り続けてしつこいから帰ると言って部屋を出たことですね。もちろん返金等はしてません。

お店側にも理由をきちんと説明して部屋を出ました。お客さんからはもちろんサービスにないことをせがんでいるのでクレームの入れようはないことです。

風俗は本業には向かないと痛感

もう夜のお仕事からは離れているのでもう今更感はありますが、特殊な仕事なので変なスタッフ、女の子、お客は多いのは事実だったなぁと。

仕事があれば給料はいいけど、なかなかしんどい仕事だった。本業にするには向かないね。