チャットレディ

お小遣いが欲しくてチャットレディや風俗を始めるも怖い思いをする事も

お小遣いが欲しくてチャットレディや風俗でバイトを始める

私がナイトワーク(チャットレディ・風俗経験あり)で働くことになった経緯は、「単純にお小遣いがほしかったから」というものです。

初めはいちいち外に行って仕事をするのが面倒くさい、少ない時給と融通の効かないシフトで働くのは面倒くさいという思いからチャットレディを選びました。
(お客さんの前でエロいことをするのはほとんど抵抗はなかったです)

ナイトワークは基本的に日払い制で、シフトも自由と比較的自由度が高かったため個人的には性に合ってるなと感じました。

風俗やチャットレディを選ぶ為のポイントは3つ

基本的にはナイトワーク専門サイトで検索をかけています。
選ぶのに重視しているポイントは、3つです。

・風俗の場合は1本あたりの単価、チャットレディの場合は分給はどれくらいか
・働きやすさ(店長やスタッフの人柄や店の雰囲気、シフトの自由度)
・来店するお客さんの質

過去に勤めたピンサロの環境は最悪だった

務めたお店で個人的に辛かったのは、ピンサロです。
お店の女の子やスタッフは比較的優しかったですが、待機場所が汚い&タバコ臭かったです。

私が働いていたピンサロは、デリヘルやホテヘルと違って1つの部屋にたくさんの女の子たちが集まってたのでタバコの匂いがこっちまで来たり、香水と混じってすごい匂いになったり…。

とにかく最悪でした。

待機時間も時給が発生するので金銭的には大丈夫でしたが、ずっと待機をしていると気分が悪くなってしまうことも多々あったのでしんどかったです。

デリヘルに勤めてた時に痛くて怖くて泣いちゃうことも

デリヘルで働いていた時に、60代くらいのお客様から無理やりアナル責めをされたこと。
元々態度自体も悪く、それでも仕事だと割り切って笑顔で接客していましたが、プレイ中にいきなりアナルに道具をいれたり(本来アナルはオプションです)無理やりイラマチオをされました。

その時は、痛くて怖くて泣いてしまいました。

仕事中に泣いてしまったのはもちろんですが、自分を見下した相手に無理やりやられる自分の弱さも感じてとても悔しかったのは覚えています。