チャットレディ

大学生の頃お小遣いが欲しくて始めたナイトワークはチャットレディ

遊ぶお金が欲しくて在宅で出来るチャットレディを始める

大学生の頃、一人暮らしをしていましたが、正直仕送りは少なく他の一人暮らしの友達がたくさん仕送りをしてもらってることを聞き羨ましくなったからです。

その友人の仕送り額は反対に多すぎるくらいだったので、気にする必要はありませんでしたが、普段の生活に余裕が欲しかったし、友達とも自由に遊びに行き、それほど気にせずお金を使いたかったと言うのはあります。

卒業旅行で海外旅行を複数する計画もあり、正直「大学生」というだけでお客がつくと思っていました。

チャットレディの探し方はネットでキーワード検索をして探しました。選ぶ上での条件は「在宅、直接会わなくていい、絶対に身バレしない、知人にバレない」が最優先でした。

チャットレディは在宅なのでお店のいざこざとは無縁

在宅でのチャットレディーだったので、同僚やスタッフと関わることは全くありませんでした。
なので、露骨な足の引っ張り合いや横暴なスタッフは全くありませんでした。
ただ、変なお客さんは多かったです。

アダルトなしでやっていましたが、結局のところ求められるのはなかなかハードなアダルトでした。

それも、自宅で自慰を求められるだけに留まらず、例えば服を着ないでコートだけで外に出ろとか、下手すれば捕まるのではということも要求されました。

直接会うわけではないこともあり、大胆に注文をつけてくる人が多く「変態ばっかり」と世の男がみんな変態なのではと思ったくらいです。

アダルト無しのチャットレディでも最終的にはアダルトを要求

アダルトなしの会社のチャットレディーでも、自分にとっては過激なアダルトを要求されたことが嫌でした。
会社の窓口に相談すると「自分でどうにかするように、こちらは関与しません。会社ができることはお客を止めることだ。」と言われ、良くも悪くも仕事が減りました。
ごくごく稀に真っ当な人もいたので、そのお客さんが来なくなってしまったのは残念だったなと思います。
こちらもお金が欲しかったという側面がありますから。

在宅チャットレディをしてて感じた事

こういうところに来る男って、女性のこと軽んじてませんか??
「客は何をしてもいい」を地で行くというか、性欲処理ならそれはそれでプロに任せてほしいです!
給料が違うのは安く体良く貪らせるためじゃなくて、サービス外なんだよ!って本当に思います!!